婚約指輪は自分が選ぶ?二人で選ぶ?プロポーズ前男性にアドバイス!

リング

2種類の指輪の製造方法

指輪

指輪の製造方法は大きく分けて2種類があります。まずは、販売されている指輪のほとんどで用いられている鋳造方式と呼ばれる型を使って作る方法。もう一つは一つひとつ職人さんがハンマーを使って叩いて鍛え、指輪の形に整えていく鍛造方式と呼ばれる方法。
はじめに記載した鋳造方式は一度に同じクオリティのものをたくさん製造することができます。そのため、オリジナルのデザインで作るとなっても指輪のリング部分にかかる費用は比較的抑えられる傾向にあります。ただ、型を使用して形を作るため、オリジナリティは削り出しや磨きで出していきますので変わった形のV字やS字のデザインは難しい時もあります。
2つ目の鍛造方式は前述したとおり一つひとつ手作りなので完全なオリジナル制作が可能です。更に、ハンマーで叩くことにより、素材となる金属の中に含まれている無駄な気泡やガスを無くしていく為リング部分の強度はとても強くなります。鋳造方式だと厚さを出すことでしか強度を強めることができませんが、鍛造方式だと比較的薄めのデザインでもしっかりとした強度を保った結婚指輪が出来上がります。どうしても大量生産ができないために、制作にかかる時間次第では費用が高くついてしまう場合もありますが、デザイン次第では鋳造方式とあまりかわらない価格帯で作ってもらえるとことも増えてきていますので、気になった方はぜひ一度チェックしてみてください。